ブログトップ

日々く忘備録

hibiku4.exblog.jp

みわくてき

b0157528_1202453.jpg
  木苺のジャム。
一粒一粒割ってきれいに洗うのが手間な木苺。
だけど他にない甘酸っぱさ。
ケーキに混ぜたり、アイスに、ヨーグルトにかけたり。

深い深い赤の果実にそそられるのはなんでだろう。
ジャムの出来上がりの姿が魅惑的で、鍋の中をうっとりと覗き込んでしまう。
b0157528_12223520.jpg
 先日行って来た槇乃家さんの糠床の講習会。
糠床の作り方、漬け方、糠炊きの作り方。
以前バイト先でやっていたやり方や聞いてきた話と違う部分が多くて驚いた。
糠床っていうのは贅沢品なのだ。
ただで手に入る糠を使うからといって、間に合わせの材料で作るものではないのだ。

糠床の材料はきっと昔のほうが一級品をそろえやすいのではなかろうか。
生糠、山椒の実、だいだい、塩、赤、青唐辛子、こぶ。

なんでも、食べ物も道具も服も、昔のほうが一級品なのだ。

手に入れた自分の糠床。
100年生きてきた乳酸菌。
今日もいい香り。

用意してた糠床用の入れ物はちいさかったので
しっかり混ぜやすく大きめのほうろうの容器を買ってきた。
冷蔵庫には入れない。
b0157528_12225859.jpg

 さえぎるものがない思考はいま
気がつけばぐんぐんスピードをあげて(しかし確実に)
距離をのばしている
まだ言葉にはならないことだらけだけど

願ったり祈ったりだけじゃもうだめなのだ


伸びていく胡瓜のつる。
開ききったズッキーニの花。
種からバジルの双葉がでている。
庭に出るだけでちがう自分に出会う日もある。
[PR]
by hibiku-77s | 2012-05-31 11:57 | 日々
<< その心 6月の『雨宿り』展 >>