ブログトップ

日々く忘備録

hibiku4.exblog.jp

鳥の声

夜、車に荷物をとりに降りたらわーちゃんとばったり会う。
夜をねり歩くわーちゃんは昼間よりも元気そうだった。

勢いつけてイチョウの木にかけ上り、上のほうでわーわー云う。
まさか降りれない?

ねじ花、葛の花、ミズヒキ、こおろぎ、ヘクソカズラ、カルカヤ、やもり。


 来週17日から北九州で瓦礫の焼却がはじまることになっている。
この3ヶ月くらいの間出会う人々たずねてみたら、幾人もの人が原発は反対なのに瓦礫の広域処理に疑問を持っていないのを残念に思う。
親くらいの世代になるとほんとにテレビや新聞の云う通りの思考。
どれだけの量なのかとか、どのくらいの期間燃やすのかも知らなかったり。
がれきには放射性物質以外の汚染だってあるのにそれを普通のゴミと同様一般の炉で燃やす、そのことについて市は安全の一点張りで全く触れない事すら疑問に思わないのかな。
お金がどのように動いているのかとか。バグフィルターでは放射性物質には対応できないと製造元が回答してることについてとか。未だ痛み分けの精神だったり。


テレビばっかり見ていないで
すこし考えたらわかる。
想像すればわかるだろう。
何が起こっているのか。


たくさん、たくさんの目を背けたい情報やめんどくさい話であふれている。
自然と頭にもやもかかる。
もう考えたくないし考えられないのか?
今をどう生きるかなんてそれこそまるでテレビの中みたいにドラマティックだよ。
嘘みたいな現実がいままたほんとうになろうとしている。

善意と良識のあるふつうの人に対して私はもうずっと腹を立て続けている。
もうずっとずっと昔からそうだからいまにはじまったことじゃないけれど。
今回は最悪。
人に怒ってもなににもならないから。
自分が変わればと思ってきたのに。



大勢の虫の合間に、時折鳥も鳴いている。
夜鳴く鳥はするどい声。
眠りに落ちるまで暗やみにひびいていた。
[PR]
by hibiku-77s | 2012-09-12 08:18 | 日々
<< 糸が切れた蛸 ほにゃらら >>