ブログトップ

日々く忘備録

hibiku4.exblog.jp

お山の懐

 楓は、はじめてっぺんが朱くなったかと思ったら次々と染まり出し、今やはらはらと舞い落ちて歩道を彩った。
野の中ではぽつぽつと冬いちごが灯りのようだ。
冬いちごの葉っぱも煮出すと染められるだといつかEADYさんがおしえてくれた。

お日様がすとんと落ちるようになり雨降りが続いて冬がくる。
石油ストーブがカンカン云う。
今年薪ストーブを買おうか悩んでいるところ。
冬が深まる頃には夏だったこともわすれて
わすれてどうなっているだろうか。
私は怖いものはないけれど寒いのはきらいだな。
でも海も山も冬のほうがすきだ。
ぐるぐる巻きにあたたかくして冬の海にスケッチしにいったことを思い出して
いい気分になった。
星だって冬のほうがきれいだ。
吸いこまれそうな夜空。
ああそうだそうだカブトムシが怖いんだった。
夏限定でよかった。

寒くなると思うのは
みなさんどうかお元気で
あたたかくしてお過ごしください。

今日はわたしは一日机にかじりついていた。
佳は玉葱の苗を植えた。
明日からまた忙しい。
お茶を何杯も飲みながら字を書いた。
[PR]
by hibiku-77s | 2012-11-15 21:23 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hibiku4.exblog.jp/tb/19504439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 暮らしに生まれる細工 おしらせです。 >>