ブログトップ

日々く忘備録

hibiku4.exblog.jp

暮らしに生まれる細工

b0157528_1731630.jpg

 明後日、群馬県より竹皮編みの伝統工芸師 前島美江さんをお迎えしての竹皮編み教室が和草さんで行われます。
数少ない竹皮編の伝承者の前島さんの手技を臨めるまたとない機会です。

※以下、映画「タケヤネの里」のHPより抜粋
「竹皮編とは竹の皮を使って、パン籠やペン皿などの工芸品を作る技で、昭和初期、ドイツから亡命してきた建築家のブルーノ・タウトが高崎周辺に普及した技術であった。
元々江戸時代から続いてきた「南部表」の技を洋風に展開したものである。
前島さんはそれを継承し、群馬県ではたった一人の伝承者となってしまった。
この竹皮編の原材料である竹皮は、カシロダケという福岡県八女市星野村、黒木町、うきは市にしか生えていない、全国でもまれな竹の皮を使っている。美しく白い皮が特徴的で、江戸時代以前から包装用や高級雪駄、こっぽり、草履、本ばれんなど様々な生活用具に利用され、日本全国に出荷されてきた。しかし竹皮、竹材の需要の激減、竹林農家の人たちの高齢化などに伴い衰退の途へと進んだ。」


私は竹皮編み教室の後の宴のご用意をさせていただきます。
北九州ならではのお野菜を使ってなにかご用意します。

今後の出店のおしらせです。
なにとぞよろしくお願いいたします
◆2012年11月22日(木)
「竹皮編みの伝統工芸師 前島美江さんの竹皮編み教室」
※群馬県より前島美江さんをお迎えしての竹皮編み教室 13時頃(予定)~ 
場所:「お茶菓子+手仕事 和草」直方市上頓野3649 ※参加費は、編むものによって違います
花籠/1000円(一時間)、コースター/1500円(三時間)
(いずれもよつば珈琲か抹茶、お茶菓子付)
◎教室終了後、和草にて前島さんを囲んで「輪い和いの会」のお料理を工房日々くが担当いたします。会費1500円。
ご予約・詳細はこちら→http://nicogusa.jimdo.com/

◆2012年11月25日直方 「縁市」
10時から16時
http://nicogusa.jimdo.com/
※焼き菓子の出店をします。
お茶菓子+手仕事 和草:直方市上頓野3649 

◆2012年11月27日(火)
小倉メガヘルツ「song to read」
※お菓子と古本、珈琲と音楽の夕べ
18:00開場/ライブ20:00~
出演:ミワサチコ、mekois(from山口)
(投げ銭+1drink order)
出店:古ほん檸檬(古本)、逡巡堂(古本)、工房日々く(お菓子)

◆2012年12月4日(火)、5日(水)大宰府市 美容室HAL
4日(12:00~17:00)、5日(10:00~16:00)
出店:木木の葉雑器店(器、古物)、月の駱駝舎(シルバーアクセサリー)、ミカヅキ印器製作工房(器)、EADY・HARANO(草木染)、工房日々く(焼き菓子)
場所:美容室HAL / 太宰府市観世音寺4-2-51

[PR]
by hibiku-77s | 2012-11-20 17:46 | イベント
<< 竹に囲まれ お山の懐 >>